貸倉庫を探す時に気を付けたい!スペースに関する基本的な3つのポイントとは

トラックの搬出入スペースが備わっているか?

頻繁に物品の入出荷を繰り返す倉庫を想定するのなら、やはり落ち着いてトラックが停車し荷物の搬出入が出来るスペースや機能が揃っていないと拙いですよね。出来れば中型以上のトラックが荷台を後ろにして着けられ、なおかつ外を走る道路にはみ出さなくても済む程度の面積は確保しておきたいところ。荷物の搬出入だけの為に目の前の道路をトラックで塞いていい訳がありませんものね。もちろんそれらのトラックが切り返し、バックで入っても短時間で支障無い程度のスペースである事も重要でしょう。

フォークリフトの駐車スペースは十分確保出来るか?

ある程度以上の規模の倉庫となると、どうしても必須となってくるのがフォークリフト。倉庫の規模や床面の質、そして扱う荷物の種類に応じて、リーチとカウンターを使い分ける必要も出てきますが、まずはそれら数台をまとめて駐車出来る駐車スペースを確保出来るかというのも重要なポイントでしょう。また電動のフォークリフトの場合、休憩中でも常にバッテリーに充電出来る様、駐車スペースに充電設備が設けられるかもまた結構大切なポイントですよね。

空きパレットを綺麗に整理出来るスペースはあるか?

倉庫での荷作りや仕分けに欠かす事の出来ないアイテムとして、フォークリフトと対となる存在がパレット。これが無いとスムーズな倉庫作業は成り立ちませんよね。倉庫内の荷物運搬や搬出入、荷作りに欠かせないパレットですが、一旦荷物を下ろし空となったパレットは途端に邪魔で扱い難い存在となってしまいます。もちろんこうしたパレット群を一箇所に片付け、必要となればすぐに取り出せるスペースの確保というのも重要なポイントとなってきます。ただ単に想定した数量の荷物が収納出来るというだけでなく、他の目的も含めた余剰スペースもしっかり確保しておく必要もあるでしょう。

物流とは、文字通り「物」の「流れ」であり、生産・製造された商品を消費者まで運ぶための流通システムです。輸送や配送、包装や保管・流通加工なども含まれます。

Posted by / 2016年 7月 23日